創業融資を成功させるには専門業者のサポートを利用するのが得策

男性とお金

上手に借りてスムーズな開業

新規に会社を設立して独立開業を目指すとき、自己資金だけでは十分な設備が揃わなかったり、運転資金に不安が残ったりすることがあります。そんなときに利用したいのが、日本政策金融公庫をはじめとする金融機関の創業融資制度です。創業融資は金利が低く返済条件も緩いため、資金繰りを圧迫することなく開業後の経営をスムーズにする効果があります。自己資金だけで創業が可能でも、創業融資を利用したほうが余裕を持てる場合が少なくありません。ただし創業融資を利用するには審査をクリアしなければなりません。審査ではこれまでの事業経験をはじめ、自己資金の額や個人信用なども調査されます。そして事業計画書をもとに、収益性についても厳しいチェックを受けます。これらの手続きは個人でもできますが、専門の業者に依頼したほうがトラブルなく進められます。

創業計画書はしっかりと

日本政策金融公庫の創業融資は公的機関ということもあって、内容とともに形式が整っているかどうかもチェックされます。初めて事業計画書や資金繰り表を作成する方は、どんな形にすればよいか迷うことも多いでしょう。公表されているサンプルだけでは、具体的な事例に対応できるとは限りません。そこで実際に数多くの創業融資を成功させている専門業者に依頼すれば、審査に通りやすくなるポイントを的確に教えてもらえます。住宅ローンやカードローンの残高がある方、まだ会社勤めをしている方など、審査に通るかどうか心配な場合も、一度専門業者に相談してみるとよいでしょう。手続きは色々と面倒ですが、形式的な条件さえ満たしていれば、100パーセントに近い確率で創業融資を受けることができます。

広告募集中